フォトフェイシャルを受けるなら?

フォトフェイシャルは、医療技術者にしかできない医療行為です。
ですから、その施術を受けるには、フォトフェイシャル協会に加盟している医療機関でしかすることができません

とはいえ、実際にはエステサロンなどでも、同じIPLの光を使っているところもあるようです。
ただ、こういったエステサロンでは出力を弱くして施術しているそうなので、その効果は医療機関でうけるそれとはまったく違うといえます。

どちらで受けるにしても、やはり安心・安全でいうのであれば医療機関に勝るものはありません。熟知した医師が施術をおこない、もし万が一ということがあってもすぐに対処することができます。
エステサロンでは医療行為が禁止されていますから、もしもの際には何もできないのです。
自分で病院までいかなくてはいけません。

そういったこともあり、金額的にはエステサロンのほうが安価であるといえます。
やはりそれだけ内容が劣るということでもあるのですね。
出力も弱いことから、効果を実感するにも時間がかかりますから、当然、通う回数は医療機関以上…。
これではいくら料金が安くても、トータル的に見たらかわらないか、もしくは医療機関のほうが安くなるかもしれません。
エステサロンでも医療機関でも、フォトフェイシャルの治療は1回では終わらないのです。
一定期間をあけての通院が必要となりますし、場合によっては交通費も発生することも考えなくてはいけないのです。

エステサロンでは、いくら「研修を受けたスタッフ」が施術をおこなっていたとしても、所詮素人レベルとです。技術的にもプロの医師には敵いません。
ですから、安心・安全と早い効果を求めるなら医療機関で受けたほうが良いでしょう。

フォトフェイシャルの効果を上げるコンビネーション治療

フォトフェイシャルを受ける際におすすめなのが、その治療効果を上げるとも言われているコンビネーション治療です。
美容医療ではさまざまなメニューが揃っていますから、フォトフェイシャルとあわせてやることでさらに効果を早く実感しやすくします。
医療機関によってはやっていないところもありますが、もしおこなっているところであれば、これは是非とも活用したいところです。

また、これはエステサロンでも同様にいえます。
ハンドマッサージやパックなどが一緒に受けられるところが多いですから、これらを組み合わせておこなうと効果的です。
リラックス効果も高いですから、日頃の疲れやストレスもうまく解消されていきます。